カーローン選びのポイント
審査が通らない理由
審査を通りやすくするポイント
サブメニュー
お勧めリンク
■ディーラー系カーローンの特徴

ディーラー(自動車販売店)系カーローンは利用者の多いローンです。新車購入と同時にローンの申し込み手続きができるのでとても便利ですし、審査も短時間で終わり、親の保証があれば未成年でも借りられます。必要書類が少なく、いろいろ面倒な諸手続はすべてディーラーにお任せでやってもらえます。

このように、とても便利で借りやすいのですが、思わぬ落とし穴もあるので注意が必要です。

ディーラーで組むカーローンの多くは、そのディーラーが提携している信販会社のクレジット契約になります。金利は0〜18%の間で、各ディーラーが独自に設定しています。なぜこんなに金利に開きがあるのかというと、ディーラーは提携する信販会社から提示された金利より少し高い金利を設定して、その差額を儲けとしています。つまり、金利を高く設定しているところは自分の儲け分を多くしていると言えるでしょう。でも、金利が安いところが良心的なディーラーなのかと言うとそうも言い切れません。

一見して金利が安く思えても、ほとんどの場合、車両価格に上乗せしていたり、限定された車種だけだったりします。そう考えると、ディーラーの金利は高めであると言えます。でも、新型車発表直後や、ボーナス時期または決算期には低金利キャンペーンをすることが多いので、その時期をめがけて行くのも手です。あと、キャンペーン中でなくても、そのディーラーでよく車を買っている“お得意様”だったりする場合は、営業マンとの交渉次第で金利の値引きができる可能性もあります。

ディーラー系ローンの審査については比較的厳しいです。購入直前にローンを申し込むので、購入前に借り入れ限度額が分からず、購入直前で審査に落ちる、という悲しいケースもあります。また、ローン完済まで車の所有権は信販会社が持っているので、ローン完済まで車の売却ができません。もしやむを得ぬ事情でローン途中で車を売却することになった場合は、ローンの残額を一括で支払う義務が生じてしまいますので気をつけてください。

海外ディーラーは国内ディーラーによりも金利が低いので、輸入車はローン購入しやすいようです。

ほとんどのディーラーが最長返済回数を60回に設定していますが、中には72回でもOKというところもあります。最初に説明したように、金利は各ディーラーによってまちまちで、頭金もあったりなかったり、本当に各ディーラーによって条件がかなり違います。ディーラーでローンを組むときは、落とし穴にはまらないように上記のことをよく勉強しておき、いくつものディーラーを見比べて、慎重に検討してください。

Copyrightc 2008 car-examination.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。