カーローン選びのポイント
審査が通らない理由
審査を通りやすくするポイント
サブメニュー
お勧めリンク
■返済方法によって利息の支払い方が違う

返済方法には大きく分けて2つの方法があります。「元利均等返済」と「元金均等返済」です。

まず「元利均等返済」について。これは、毎回同じ金額を返済していく方法です。元金と利息の合計額が一定になるように返済額が計算されます。支払う金額はいつも同じですが、その中の元金と利息の割合は毎回変わっていきます。

一方、「元金均等返済」では、毎回返済する「元金」の額が一定になります。毎回同じ金額の元金に、その時点でのローン残高に対する利息を足した金額を返済します。残高が減れば利息も減っていきますから、利息の金額が毎回少なくなり、その結果、支払額も毎回少なくなります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

元利均等返済の場合は、元金均等返済に比べ、返済初期の負担が少ないのですが、返済額における割合が、初めのうちは元金より利息のほうが高くなり、なかなか元金の残高が減りません。また、総返済額も元金均等返済に比べて多くなります。

元金均等返済は、当初の負担額が少し多いですが、毎月の返済額が徐々に減っていくので、返済総額そのものは元利均等返済より少なくなります。最初の負担額が多めなので、この方法をとるためには定められた収入基準をパスする必要があります。

毎月の返済金額を一定にして計画を立てやすくしたいのか、それとも、最初のうちにちょっとがんばって、後で楽になるほうを選ぶのか、自分にあった方法を選んでください。

後もうひとつ、「アドオン返済」というものもあります。この方法では、元金に利率をかけて、その総額を返済回数で割った金額を毎回、同じ額返済していきます。つまり、利率が一定なわけです。

借りた金額を元に利息が計算されるので、毎回返済してローン残高が減っていっても、利息はずっと高いまま。途中で繰り上げ返済をして利息を減らそうと思っても無理です。元利均等返済や元金均等返済と比べると、返済総額が多くなり、実際に支払う金利負担も多くなります。だからこの「アドオン返済」はあまりおすすめしません。

Copyrightc 2008 car-examination.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。