カーローン選びのポイント
審査が通らない理由
審査を通りやすくするポイント
サブメニュー
お勧めリンク
■信販系カーローンの特徴

「信販会社」と言うより、「クレジット会社」と言ったほうが分かりやすいでしょう。代表的なところでは、日本信販、ジャックス、クオークなどがあります。「信販」は「信用販売」の略です。商品を購入した人は、現金を払うより先に商品を受け取ります。それにはその人の信用が元になっています。銀行系と同じで、信販系のローンも、母体となる会社が強大であればあるほど利用者は安心できるので、利用者の数は会社の大きさや知名度に比例しているのが実情です。

自動車販売店(ディーラー)のほとんどが、自分の店と提携している信販会社のクレジットを利用しています。店側にとっては、信販会社と契約していれば、買い手が購入契約をしたと同時に代金を回収できるので、現金未回収のリスクがなく、とても便利です。また、買い手側にとっても、そのときに現金を持ち合わせていなくても、ほしいと思った車がその場で手に入ります。信販会社を利用することは、店にとっても買い手にとっても便利な、両者にプラスなシステムです。

信販系ローンの金利は、銀行よりは少し高くて、数% 〜18% です。時々、自動車販売店とのタイアップイベントや、期間限定のキャンペーンをすることがあり、運良くそのときにあたれば、特別の安い金利が利用できます。こういったキャンペーンの情報は、ネットに載ることが多いので、車を売却しようと思ったら、各販売店のHPをよくチェックしておくといいでしょう。

信販系のローンは、審査に比較的通りやすく、手続きも簡単です。利用限度額は10万円〜500万円で、各社まちまちです。利用者が契約すると、まず信販会社から販売店に一括で現金が支払われます。その後、利用者は信販会社に、支払い回数に応じた分割払い手数料(金利)を元金に加えた金額を、毎月一定の額で支払っていきます。この、元金に上乗せされる手数料が信販会社の儲けです。

分割の回数が増えると、一回ずつの支払いは少なくて、毎月の資金のやりくりがラクなのですが、支払い総額は、もともとの車の値段より相当高くなってしまいます。ですから、ローン契約をするときは、総額では一体いくら支払うことになるのかをよく考えて、分割回数を指定しましょう。

Copyrightc 2008 car-examination.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。